【おすすめ】JALグローバルクラブ(JGC)会員になろう

おすすめのアイテム
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、アロハ父さんです。

突然ですが、アロハ父さんはJALグローバルクラブ(JGC)会員です。

私たちはFIRE達成のために質素倹約を遂行していますが、JGCだけはアロハ父さんが自腹で年会費を払っても保有し続けたい贅沢なステータスと考えています。

投資ブログを見てくれている方の中には、同じく質素倹約を重視される方もいると思いますが、そのような方でも、何か贅沢するなら、「JGC」を選択肢に加えては如何でしょうか。

もちろん、それほど倹約を考えない方は少し無理してでも取得することをおススメします。

スポンサーリンク

JALグローバルクラブ(JGC)会員とは

簡単に言うとJALの上級会員のことですが、取得方法とそのメリットを列挙します。

JALグローバルクラブ入会資格

JGC会員になるには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 1月~12月の間で50,000FLY ON POINT(うちJALグループ便25,000FLY ON POINT)以上
  • もしくは50回以上の搭乗(うちJALグループ便25回以上の搭乗)かつ15,000FLY ON POINT以上

上記を達成すると、JMBサファイアのステータスが得られます。

そのうえでサファイアを達成した翌年末までに、JALカードのうちCLUB-A以上のクレジットカードを保有して、入会申請すると念願のJGC会員になれます。

JGC会員になる難易度

一般的にサファイアステータスを得るには、前項の入会資格のうち「1月~12月の間で50,000FLY ON POINT(うちJALグループ便25,000FLY ON POINT)以上」の達成を目指します。

アロハ父さん
アロハ父さん

ハワイ旅行だと、バカ高い定価の航空券を買って、年間6往復するとようやく50,000FOPを超えてきます。

興味のある方は、航空の路線、運賃クラスによってFOPを算出してくれるサイトを見てみてください。

JALマイレージバンク - JALグループ便ご利用路線のFLY ONポイントを簡単計算!

なお、地域によってFOPの係数が変わります(アジアは1.5倍、国内は2倍など)。

JGC修行といって、ステータス獲得のためにFOPを得ることだけを目的として飛行機に乗る強者もいるようです。

スポンサーリンク

なぜそこまでして獲得したいのか、JGCのメリットは?

1年間でサファイアを達成するには、かなりコスパの良い航空券でJGC修行をしたとしても、少なくとも30万円程度はかかってしまいます。

こんな難易度の高いステータスを取りたい人が続出している理由は、やはりJGC会員はそれに見合う待遇を受けられるため、ということになります。

以下、JGC会員の受けられる特典です。非常に多いですね。

  • ボーナスマイル
  • フライトマイルのボーナス
  • 会員専用デスク
  • 優先キャンセル待ち
  • 前方座席指定が可能
  • 専用チェックインカウンター
  • ファーストセキュリティーレーン
  • 優先搭乗
  • 空席待ち
  • 手荷物の優先受け取り
  • 空港ラウンジ、サクララウンジ、ワンワールドラウンジ
  • ワンワールド・サファイアとしての特典
スポンサーリンク

アロハ父さんがなぜJGCを持っているか

アロハ父さんは、エンジニアのサラリーマンですが、海外出張が多く、2018年にサファイアを達成しました。

JGC会員はワンワールド航空会社の空港ラウンジを無料で使えますが、そのときゲスト1名を同伴できます。

私が若かったころ上司にゲストとして世界各国のラウンジに入れてもらい、上級会員の素晴らしさと、出張族でラウンジを使えないことの厳しさを身に染みて感じていました。

アロハ父さん
アロハ父さん

私の出張はとにかく時間がなく、ラウンジで食事を取れないと、ご飯を食べられないケースもあり。お酒も飲み放題なので、数少ない楽しみでした。
だから、ラウンジを使えるようにしたかったのです。

2018年は出張も多く、また家族でハワイや沖縄旅行に行ったおかげでステータスを獲得できました。

JGC会員を目指すべきだと思うか

個人的には、出張が多い、もしくは家族旅行が多い人(その見込みがある人)は是非ステータスを取るべきだと思います。

1年間だけでもサファイアのステータスを獲得できれば、クレジットカードの年会費1万円を支払い続けるだけで、JGC会員のステータスは維持できます。

また、 たとえ格安チケットであっても、優先搭乗やラウンジ使用などのサービスは使えます。

有用なJGC会員の特典

①前方座席指定が可能
②専用チェックインカウンター
③優先搭乗
④手荷物の優先受け取り
⑤空港ラウンジ、サクララウンジ、ワンワールドラウンジ

①~④
出張時は乗り継ぎもあったり無駄な時間を減らしたいので、飛行機の乗り降り関連を優先させてもらえるのは助かります。

特にエコノミークラスでは手荷物スペースの取り合いになり、最悪座席から遠い場所に置かれるケースもあるので、優先搭乗で先にベストポジションを取れるのはメリット大きいです。

ビジネスクラスを使える方はそんなこと気にしなくて良いのですが、私の会社では私クラス(係長レベル)ではビジネスは使えません(泣)


これがJGC会員の醍醐味だと思います。
JAL国際線のサクララウンジは、仕事するにも良し、食事するにもお酒を飲むにも良しのリラックス空間です。
特にJALオリジナルカレーは毎回食べています

また、出張が多い人は、ワンワールドアライアンスのラウンジを使えるメリットがかなり大きいです。

私は欧州出張が多く、欧州内の乗り継ぎも多いです。
乗り継ぎ時に普通の待合ロビーで待つか、ラウンジで待つことができるのかは精神・体力面で雲泥の差です。

なお、パリのシャルルドゴール(CDG)空港では、JGC会員はエールフランスのラウンジを使用できます。
エールフランスはワンワールドメンバーではありませんが、JALとエールフランスの特別提携によりラウンジ使用が認められています。

アロハ父さん
アロハ父さん

私は、帰国でよくCDG空港のラウンジを使うのですが、ここでの美味しいワインを目指して出張時の仕事を頑張っています

また、ラウンジは家族旅行においてもメリットを発揮しやすいです。

JGCは同じく年間1万円で家族会員もほぼ同じサービスを受けることができます。ラウンジへの1名同伴も家族会員も認められるため、モアナ母さんがJGC家族会員になることで、子ども含めた4人家族でラウンジを利用できます

ここは完全に気持ちの問題ですが、家族で大好きなハワイ旅行を益々楽しくする必須ツールだと私は考えています。

FIREのために質素倹約を重視していますが、アロハ父さんの説得により、モアナ母さんもJGC会員の価値は認めてくれ、家族として年間2万円の出費は必要経費として計上します。

モアナ母さん
モアナ母さん

旅行時に家族全員でラウンジ使えるのは大きいね。私も育休から復職したら海外出張行きたいし、そのときに私一人(=家族会員)でもJGC会員サービスを全部受けられるのは価値があると思うわ。

スポンサーリンク

まとめ

JGC会員を強烈に推しましたが、取れるならば非常におすすめのステータスです。

まだ取られていない方は、投資が成功した余剰資金で獲得することを推奨します。

質素倹約主義の我が家では、富裕層になったとしてもビジネスクラスでのハワイ旅行はしないので、せめてJGCだけは維持しておこうと思います。

なお、私はJALでステータス獲得しましたが、ANAでも同等のサービスがあります。よく使う航空会社はどこなのか、事前にしっかりご検討ください。

JGC会員は精神面・体力面での大きなメリットとともに、多少の優越感を味わえるステータスです。

それでは、アロハ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました