私の保有銘柄について、2030年と2040年の株価を予想してみた

投資に対する考え方
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、アロハ父さんです。

突然ですが、皆さんはご自身が投資されている銘柄に自信はあるでしょうか?

私はあるのですが、どのくらいのリターンを期待しているのか、定量的な数字で表現してみました。

基本的には、自分が気に入った銘柄なので楽観的な数字になるかもしれませんが、とてもワクワクするので、皆さんも一度やってみるのをおススメします。

スポンサーリンク

私の保有銘柄について、2030年と2040年の株価を予想

私の長期保有銘柄は以下の通りになります。
このポートフォリオになるように、買い付けを進めています。

アロハ父さん
アロハ父さん

私の予想は以下です!!!

モアナ母さん
モアナ母さん

ずいぶん楽観的ね。どれもS&P500のリターンよりも高いじゃない。

アロハ父さん
アロハ父さん

それはそうでしょ。S&P500よりも高いリターンを期待できなければ、わざわざ他の銘柄を買う意味ないよ。

個別銘柄は、期待値は高いですがリスクもあるので、私たちはETFをポートフォリオの軸にしています。

それでは、個別の株価予想の根拠を紹介します。

S&P500

2000年から2020年までのS&P500指数を延長して、試算しました。
この期間の年平均成長は6.0%でした。

アロハ父さん
アロハ父さん

ETFはある程度、計算がたつので、軸として据えるのは良いですね。

これまでは米国1強の時代が続きましたが、これがどうなるかもポイントです。

ヘルスケアETF “VHT”

S&P500にならって、VHT設立時からの成長率で延長して試算しました。
この期間の年平均成長は9.0%でした。

人口が増えるのと共に、高齢者の割合も増えていくはずです。

そうすると、S&P500よりも高いリターンが見込めるのではないか、と考えています。

一方で、米国ではヘルスケアセクタに影響を及ぼす政治リスクがあるので、ポートフォリオの10%程度に留めます。

Amazon

Amazonの株価は、2000年から2020年までの年平均成長率が30%を超えており、これを今後も適用すると、とんでもないグラフになってしまうので、適当に収束させました。

これは完全な想像なのですが、2030年くらいまでは、ECとクラウドビジネスで世界全土で支配力を高めていくものの、それ以降はもう攻めるところがなくて、次の成長戦略を見いだせずに成長力が落ちていくと予想します。

アロハ父さん
アロハ父さん

2030年以降の成長戦略がない、というのは、私の想像力の欠如だと思いますが、ベゾスさんなら何かあるでしょうね。

Google

Googleの株価も、2004年から2020年までの年平均成長率が20%を超えているので、マイルドにしました。

個人的には、AmazonよりもGoogleの方が将来的な成長力はあると考えています。その理由は、データが成長の原動力になる世の中において、Googleが世界で最もデータを握っていると考えるためです。そして、そのデータを送受信するグローバルネットワークに対してGoogleほど投資をしている会社は他になく、後発組では相手にならないほど濠が深いビジネスモデルを確立していると思います。

アロハ父さん
アロハ父さん

とにかくデータさえあれば、マネタイズできるビジネスなんて後からいくらでも思いつく、というような考え方をしていると感じています。

スポンサーリンク

ソフトバンクグループ

もっとも期待しているソフトバンクグループです。

そして最も予想が難しい会社ですが、私は10年後に4倍、20年後に11倍と考えています。

これは、AmazonやGoogleのようなシングルブランドではなく、戦略的持ち株会社だから維持できる成長力だと思っています。

アロハ父さん
アロハ父さん

保有株式(AI企業群)の成長による価値上昇、そして自社株買いによって株価がそれに追いつくというモデルですね。

スポンサーリンク

まとめ

私が保有する株式の10年と、20年後の株価を勝手に予想してみました。
※素人の意見なので、鵜呑みにしないでくださいね!

コロナウィルスによって、マーケットは乱高下していますが、こんなときこそ遠くをみることで、自分の保有している銘柄に自信をもち、どっしり構えましょう。

半分遊びですが、面白いので、皆さんも是非やってみてはいかがでしょうか?

それでは、アロハ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました