もう並ばなくて大丈夫!簡単!機能的・経済的な手作りマスクの作り方

おすすめのアイテム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

モアナ母さんです。

新型コロナウィルスの影響で、マスクの品薄・欠品状態が改善されません。

マスクが手に入らないことで、花粉症の方も困りますね。

そんな方に、我が家で使っている手作りマスクを紹介したいと思います。

簡単に作ることができる、不織布マスクの利点とガーゼマスクの利点を組み合わせたマスクです。

スポンサーリンク

不織布マスクとガーゼマスクの比較

不織布マスク

今、店頭で不足しているのは不織布マスク。

不織布は、繊維を織らずに絡み合わせたシート状なので、粒子の捕捉率に優れています

不織布マスクに使われるフィルターは、BFE(細菌飛沫)、VFE(ウイルス飛沫)、PFE(ラテックス粒子)を99%カットするものがほとんど。

ウイルスの大きさは0.1 μm程度でも、咳やくしゃみをする際は、水分に覆われた飛沫として、5 μm以上の大きさで出てくるので、飛沫防止には不織布マスクが有効です。

布マスク

一方で、布(ガーゼなど)マスクは高い保湿性と保温性に優れています。

また、吸湿性の良い布は、蒸れないので、長時間装着していても快適です。

一方で、 防塵効果の観点からは、フィルター効果を含む不織布マスクの方に劣ってしまいます。

でも、布マスクなら、手作りできますよね!

スポンサーリンク

マスクの作り方

今回、紹介するのは、ポケット付きのマスク本体を布で作り、ポケットの中に不織布マスクを入れた、手作りマスクです。

用意する材料

・生地(何でもOK):40 cm×20 cm
・マスク用ゴム:25cm×2本
・不織布マスク:1枚!

※生地とゴムのサイズは、あくまでも目安です。作りたいサイズや、ゴムの伸び等によって調整してみてください。

モアナ母さん
モアナ母さん

布ですら、売り切れとなっているようですが、我が家では、シーツの端っこを使って生地にしました。ガーゼよりもしっかりとした生地です。

マスク用ゴムも売り切れとか・・・何のゴムでも大丈夫。耳にかけられればOK!

(仮称)アロハマスクの作り方

作り方は、下記のとおり。縫うのは2か所だけ。

スポンサーリンク

アロハマスクのメリットまとめ

✔  内蔵の不織布フィルターで防塵率を維持!
✔ マスク本体が洗って使えるので衛生的!!
✔ 用意する不織布マスクは1枚なので、高コスパ!!!

洗い替えも含めて2,3枚作れば、十分使い回せます。

そして、コストがかからない上に、エコですね。

浮いたコストは、投資にまわしましょう~

それでは、アロハ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました