経済とマーケット

スポンサーリンク
経済とマーケット

もし大暴落が来たら買う銘柄とエントリーポイント

株式市場は調子悪いですね。米国のFF金利が今後本格的に上がっていくことから、5月以降にさらなる暴落が訪れるという見方もあるようです。今後の相場がどうなるか予想はできませんが、そうなったときに備えて、喜んで買いたい銘柄を考えてみました。
0
経済とマーケット

【2022年1月】この下落相場で感じていること

2022年初頭から米国株式市場は大きな下落局面を迎えています。Twitterなども悲観的なコメントが増えていますが、この相場で私たちが感じていることを記します。
0
経済とマーケット

【2021年10月】私は下落耐性が高いようだ

2021年9月から10月にかけて株式市場が不安定になっており、ストレスを抱えている人も多いと思います。私は、ほとんど気になっておらず、その理由を説明します。
0
スポンサーリンク
経済とマーケット

世界のeコマースについて議論!投資先はアマゾンとアリババで確実

マハロ家夫婦の雑談シリーズ。新型コロナ禍の下、注目が集まるeコマース市場。我が家では、アマゾンに加えて、最近アリババにも投資しました。世界のEC事情について議論し、今のところ、この2社に投資しておけば十分なのではないかという結論です。
0
経済とマーケット

【下落を警戒】S&P500とGoogle売却、ソフトバンクG維持

S&P500株価は、3月23日の底値から大きく戻し、年初の高値に迫ってきています。しかし実体経済の状況に対して株価が高すぎるため、何かのきっかけで売りが加速する可能性が高く、次の下落で買い増できるように保有銘柄を一部売却しました。銘柄を選定する際に夫婦で議論した内容を紹介します。
0
経済とマーケット

【2020年5月】夏以降の下落相場に備えてポートフォリオを見直し

実体経済の悪化に反して、FRBの金融緩和、ワクチン開発への期待から株価は堅調に上がっています。しかし、ワクチン開発は非常に難易度が高く、失敗のニュースが流れ始めると夏頃から市場は大きく下落していくことが懸念されます。今回は、それに対する私たちの備えを紹介します。
0
経済とマーケット

【2020年5月】マーケットが不気味すぎて株を買えない件

コロナショックで一時大きな含み損を抱えましたが、暴落時に少しずつ買い付けを行ったことで、その後の株価上昇により、いまはプラ転しています。しかし資産のうち株式比率を70%にするという当初予定には達しておらず、現金比率が高い状態です。今回はその理由を紹介します。
0
経済とマーケット

オンライン授業が加速!withコロナ時代での投資先を議論

「コロナ禍で伸びる企業はどんなところだろう?」ワクチンや治療薬を手掛ける製薬会社もそうですが、着々と日本に浸透するテレワーク。今後、テレワークの促進とオンライン授業の普及を見込んだ投資先について議論しました。
0
経済とマーケット

SBGに影響大!アフターコロナの中国はどうなる!?

アフターコロナの中国の立ち位置について、作家の百田尚樹さんがツイートした内容を紹介します。世界の中国離れと、経済制裁が行われると、中国はならず者国家と手を組んで新たな冷戦が始まる、という恐い予想です。個人的な予想もしていますので、是非ご覧ください。
0
経済とマーケット

コロナウィルスによる食糧危機に備えた投資を検討

新型コロナウィルスによる影響で、世界有数の穀物生産国であるインドやロシアは「国内の備蓄を増やすため」という理由で輸出の制限を発表しました。コロナウィルスを早期に収束できない場合に供えて、あらかじめ何に投資しておけば良いか考えた内容を紹介します
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました