お金が貯まらない人必見!今日から始める節約術とおすすめ手帳の紹介

家計管理
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

贅沢しているわけではないのに、なぜかお金が貯まらない!

支出管理方法がわからない!

という方、

支出を管理すれば億万長者も夢ではありません!

この記事では、節約術とおすすめ手帳を紹介したいと思います。

支出を制するものは資産を制する!です。

スポンサーリンク

支出を減らすことが、億万長者への近道

その理由は、資産の方程式から一目瞭然です。

資産形成=(収入―支出)+(資産×運用利回り)

資産を最大化していくためには、下記3つのいずれかしか方法はありません。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 運用利回りを増やす

資産は、収入の多寡によって決まるのではなく、収入と支出の差額から生み出されるもの、ということです。

収入を増やすのは難しいので、マハロ家では、2と3を実践し、資産の変動を公開していきます。3の「運用利回り」については、アロハ父さんの記事を参考にしてください。

最も簡単な資産の増やし方は、「支出を減らす」ことです。

スポンサーリンク

なぜお金が貯まらないのか?

先ほどの式で、支出を減らすことができれば、確実にお金は貯まります。

贅沢をしているか、無駄遣いをしているか

アロハ父さん
アロハ父さん

僕もかつては、お金が貯まりませんでした。投資もまったくしていなかったしね。

聞いてみると、こんな感じのライフスタイルです。

・週3で飲み会。2次会3次会は当たり前:月96,000円。
・会社では毎日飲み物とお菓子を購入:月9,000円。
・夜は寮飯があったのに、そのあとのお酒とおつまみ必須:月45,000円。

飲み代だけで、10万円も飛んでいく生活。

年間で100万以上です!

無意識に使ってしまう、ちょっとしたお金が、ちりつも効果であっという間に大金に。

アロハ父さん
アロハ父さん

今思えば、すべて投資に回せた金額・・・もったいなさすぎる(泣)

スポンサーリンク

どうやって支出を減らすのか

まずは、管理することです!

体重を日々測ることがダイエットに繋がるのと同じで、支出を把握することが節約の第一歩です。

お金が貯まらない人は、一度、出費を記録してみましょう。

一ヶ月つけてみると、何か見えてくるはずです。

私のおすすめ手帳はこちらです!

アナログですが、それがいい!

パソコンを開いたり、アプリを立ち上げなくても、とりあえず手帳に記入します。

管理項目は、下記のみ。

  • 食費
  • レジャー費
  • 医療費
  • 日用雑貨費
  • 子ども用品費(欄に追加)
  • 特別費(欄に追加)

    ※我が家の場合、旅費と教育費は年間で別立て。また、美容費や衣類費はお小遣いの範囲でやっているので、家計簿には付けていない。

基本は週に1回、朝の5分で1週間分のレシートの金額を記入し、月末に合算します。

1.細かく分類しない!
・食品と一緒におむつを買ってしまったら、食費に入れてしまってOK。
・レジャー費は、飲み会、外食費も交通費も全部含める。

2.子ども用品費は分ける!
・子ども関係(服、文房具など)で買ったものはその下の行に入れます。
 →子どもにかかる出費を知るのに、便利!

3.特別費の欄を作る!
・その月特有のもの。AmazonPrimeの年会費だったり、贈り物の費用など。
 →たまたまその月の出費が多い場合に理由が分かる!

PayPayの履歴もスマホからチェックするのを忘れずに!

支出管理ができれば、どこにお金がかかったかわかります。

モアナ母さん
モアナ母さん

ちなみに、私はこの手帳を独身のときから7年以上使ってます!

スポンサーリンク

どのくらい貯蓄・運用するのか?まずは収入の10-15%!

「となりの億万長者」の本によれば、著者のスタンリーは、

「収入の10~15%を貯蓄に回す倹約を続けていれば、誰でも億万長者になれる」(正確には平均年収の倍→共働きで達成)と述べています。

日本の平均的サラリーマンが生涯に得る収入は3~4億。→共働きで6億円。

15%を貯蓄すると9000万円。

10%(6000万円)を貯蓄しても、年率3%で運用すれば1億は超えます。

                                                                (橘玲 著, 黄金の羽根の拾い方より)

収入の10%を貯蓄(投資運用の方がベター)することは、そんなに難しくない気がしませんか?

まずは、何に出費しているのか、それは本当に必要なのか、見直してみましょう!

スポンサーリンク

まとめ~お金を貯めるには~

✔ 手帳に出費を記録して、支出の原因を明らかにする!
✔ 収入の10-15%を貯蓄(投資)に回すようにする!

今日から1ヶ月やってみましょう~。

それでは、アロハ~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました