【SBG 21年1Q決算】ソフトバンクGへの長期投資を確信!

★ソフトバンクグループ★
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、モアナ母さんです。

モアナ母さん
モアナ母さん

我が家は、将来有望なAIカンパニーへの投資会社「ソフトバンクG」の株を2000株保有しています

8月10日のソフトバンクGの決算説明会は、夫婦で見ました。

改めて、ソフトバンクGに投資できてよかったと思っています!

モアナ母さんの感想をまとめましたので、ご参考まで。

アロハ父さんの記事は、マニアック向けですが、こちらは超初心者向けです♡

スポンサーリンク

ソフトバンクGの成長は情報革命とともにある

最初に、孫さんがお話ししたのは、ソフトバンクGは、資本家であるということです。

投資家の目的は、お金の利益を求めること、とすると、

資本家は、革命を起こすための発明家とビジョンを共有して、資本的リスクを取る立場

お金を作るのではなく、未来を創るために資本リスクを取っているのが今のソフトバンクGだと語りました。

どれだけリスクを取り、投資してきたのか?というと、

ソフトバンクGがこれまでに投資してきた額は、世界の未上場AI企業の資本調達額の1割に相当します(2017年以降)。

未上場AI企業の多くは、まだ利益が出ていませんが、従来よりも圧倒的に優れたビジネスモデルによって成長していくことになるでしょう。

アロハ父さん
アロハ父さん

AIを活用すれば、ビッグデータに基づく予測で、コストも安くて正確だし、パーソナライズ化できるからね。

ソフトバンクGの唯一のリスクは、AIによる産業の成長が閉ざされた場合になりますが、

もはや、AIなしで未来を創造することはない、と言っても過言ではないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

投資会社として重要な指標はNAV(時価純資産)

孫さんは、投資会社であるソフトバンクGの重要な指標はNAVであるということを何度も繰り返しています。

モアナ母さん
モアナ母さん

最初は私もわからなかったのですが、今はNAVを理解したおかげで、短期的な株価が全く気にならなくなりました。

NAVは約26.5兆円、借金はいつでも返せる状況

事業会社への投資を行っていると、ついつい純利益に注目しがちですが、ソフトバンクGの業績・財務状況を確認する上で重要なのは、NAV(時価純資産)。

NAVは、保有している株式から純有利負債を差し引いたものです。

現在の保有株式は31.6兆円、負債が5.1兆円なので、その差であるNAVは26.5兆円。

ソフトバンクGのことを、借金王とか呼ぶ方がいますが、保有株式を少し売ってしまえば、借金をチャラにして26.5兆円のキャッシュを残すことができるんですね。

モアナ母さん
モアナ母さん

私たちだって、総資産6000万のうち、1500万円ほど住宅ローンが残っているけど、返そうと思えば返せると言うのと同じだね。

アロハ父さん
アロハ父さん

借金=悪ではなく、むしろ資金調達こそが経営者の腕の見せどころだと思う。
企業価値を最大化させるのが経営者の仕事だと定義すると、無借金は逆に能力不足とも言える。

ちなみに、7月1日時点で、1株当たりのNAVは下記のように公表されています。

現在の株価が7000円切っているのは、本当に安すぎると言うこと。

アロハ父さん
アロハ父さん

も、もっと買いたい・・・

NAVの上昇を牽引しているのは、ソフトバンク・ビジョン・ファンド

NAVの内訳は下記の通り。

孫さんも仰っていましたが、SVFなくして、NAVの成長はなかったともいえそうです。

SVFの比率は、ゆくゆくは50%を目指しているとのこと。

アロハ父さん
アロハ父さん

アリババがまた復活して成長続けるだろうから、純資産の増え方はすごいことになると思う。

SVFのうち、上場株が87%と言うことなので、客観的に評価されている額であるということも確認できました。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドはエコシステムを形成しつつある

SVFは、基本的に未上場のAI企業に投資しますが、そのうち上場したものの価値は9.8兆円。

すでに売却済の株式2.0兆円を加えると、約12兆円です。

この2.0兆円は再投資しているので、ソフトバンクGの中で、投資→売却→現金化→再投資、のエコシステムができあがりつつあります。

そして、今や投資先は、SVF1、SVF2、LatAm Fund合わせて、301社。

モアナ母さん
モアナ母さん

Σ(゚Д゚;エーッ!・・・SVF投資先企業の勉強が追いつかないよ~

スポンサーリンク

所感

ソフトバンクGは、普通の事業会社でないため、その仕組みを理解できないと、「赤字垂れ流し」、「なんか怪しい」という理由で、投資対象から外すだけでなく、批判に走る人も少なくありません。

しかし、「情報革命で人々を幸せにする」という揺るがないビジョンのために、「資本家」としての覚悟を決め、AI群戦略を実行し、継続していくソフトバンクG。

AI時代に突入しつつある今、客観的に考えても、共感、納得のいく企業姿勢と戦略だと思います。

長期的な視点で、株式は保有し続けたいと思います!

今後も、SVF投資先企業の紹介を続けていくので、そちらもよろしくどうぞ(´。•◡•。)ノ

アロハ~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました