2番底?キャッシュ比率?いや、アセットロケーションに従おう!

投資に対する考え方
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、アロハ父さんです。

「これから暴落がくるかもしれない。現金比率を高めといた方が良いか?」

と考える方はいらっしゃると思います。

現在、新型コロナでの底値からすでに半値を戻していますが、ここからさらに暴騰するのか、もしくは暴落するのかが議論になっています。

暴騰するなら、持っている現金を株に投資し、暴落するなら今は株を売って現金比率を高めておきたいと思うでしょう。

しかし、マーケットがいつどうなるかについては、ほとんどの人が分かるはずもなく、考えること自体が無駄なのかもしれません。

そうすると、私たちはどちらに転んでも良いように、あらかじめ納得できるアセットロケーションを組んで、それに従って資産を配分していくのが良いと考えてます。

スポンサーリンク

アセットロケーションとは

資産の配分のことです。

アセットの主な種類としては、現金(キャッシュ)、債券、コモディティ、不動産、株式がありますが、この割合をご自身のリスク許容度に合わせて決めていく必要があります。

ちなみに、私たちの目標アセットロケーションは以下の通りです。

ご参考)私たちの家庭のアセットロケーションの考え方
✔ 基本的には右肩上がりに増える株式を70%(=メイン)
✔ 日本円のリスクヘッジとしてGoldは10%保有
(日銀がめちゃくちゃにお金を刷ってるから)
✔ 現金は(Gold含めて)最低1000万円持っていれば、ひとまず何かあっても大丈夫。
 資産が増えてきたら現金は2割程度に配分する。

株価の爆上げが来た場合

株価が上がってきた場合、株式アセットの割合が増えるので、一部を利確してバランスさせる。

この場合、資産自体は増えるものの、あるタイミングで売却するので、大きな利幅はとれないことになります。

株価の暴落が来た場合

株式アセットの割合が下がるので、現金を減らして株式の追加投資をする。

株価が下がるので、全体の資産は減るものの、安い局面で追加投資が可能になり、またその後の回復期にも恩恵を受けられる。

スポンサーリンク

常に、もったいなかった、という感想になる

底値で株を全部手放してしまった人は、現在

アロハ父さん
アロハ父さん

うわ~、大きな上昇局面で何も享受できなかった…

と思っているでしょう。

底値から急回復した4月を現金比率が多いまま過ごした人は、

アロハ父さん
アロハ父さん

あ~、もっと投資しておけば良かった~

となると思います。

一方で、このあとすぐに暴落が来たら

アロハ父さん
アロハ父さん

あ~、あの時に利確して、現金比率を高めてくべきだった~

と思うことになる人もいるでしょう。

もし、アセットロケーションを維持していれば、結局はどっちに転んでも100%満足という形にはならず、大儲けはできないけど、大損もしない、ということになると思います。

しかし、これがアセットロケーションであり、それで良いのだろうと思います。

自分のリスク許容度に応じた配分をすることが大事であり、アセットロケーションを長期で維持していくことで、安全かつ株式の成長を享受した資産形成が可能になっていくでしょう。

アロハ父さん
アロハ父さん

アセットロケーションを最重視するなら、いつ買うかなんて、意味がないということですね。そっちの方が分かりやすくて良いや。

景気後退局面も含めて資産運用なので、今後も100%現金にはせずに、アセットロケーションを意識しながら、淡々と市場に残っていこうと思います。

スポンサーリンク

景気によってアセットロケーション変更するのは良いと思う

私たちは7割を株式、2割を現金、1割をGoldにしていますが、基本的にはこれは平常時の割合です。

✔ 景気回復の初期では、上昇の恩恵を強く享受できるので、株式の割合を8割に増やす
✔ 景気回復の終盤では、次の不景気にそなえて、株式の割合を6割に減らす
✔ 景気の判断は、バフェット指数(米国株の時価総額÷GDP)に従う
など

このようなことができるのであれば、ルールをしっかり制定して、アセットロケーションを期間で区切るのは良いと思います。
(私たちは、これから勉強して決めるつもりです。)

アロハ父さん
アロハ父さん

銘柄選定は素人には難しい面はありますが、アセットロケーションの維持はできるはずであり、こちらも非常に重要なので是非とも実践していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

2番底に備えて現金比率を高めておくべきか、と迷っているならば、あらかじめ決めておいたアセットロケーションに従って、資産を分配していくのが良いのでは、という話をしました。

常に100%満足できるものではなくなりますが、それは結果論であり、自分の大事な資産を運用していく上で、アセットロケーションは重要だと考えています。

アロハ父さん
アロハ父さん

株式比率を70%にする目標に対して、まだ50%程度なので、まだ買っていく必要があります。あまりタイミングは気にせず、コツコツと行きたいと思います。

それでは、アロハ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました