【ソフトバンク投資先】最先端ロボティクスのボストン・ダイナミクス

最先端テクノロジー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、アロハ父さんです。

アロハ父さん
アロハ父さん

孫正義さんの大ファンで、ソフトバンクG株を1800株を保有しています。

ソフトバンクGは投資会社に変貌しましたが、どんな会社に投資しているのと疑問をお持ちの方もいると思います。

そこでこのブログでは定期的に、ソフトバンクG本体や、ソフトバンクビジョンファンド(SVF)からの投資先について紹介してきたいと思います。

アロハ父さん
アロハ父さん

これによって、ソフトバンクGのことを魅力的に感じてくれる人が増えるとうれしいです。

モアナ母さん
モアナ母さん

私たち自身の勉強にもなるしね。

今回は、ロボット研究・開発の世界最先端企業であるボストン・ダイナミクスについて紹介します。

アロハ父さん
アロハ父さん

人類のライフスタイルを変えるかもしれないくらい、高い技術力を持っている会社で、非常に気に入っています。

スポンサーリンク

ロボット研究の最先端企業 ボストン・ダイナミクス

 
 

【ボストン・ダイナミクスとは

✔ ロボットの研究開発を手がける米企業。

アロハ父さん
アロハ父さん

2013年12月にGoogle社に買収され、2018年2月に日本のソフトバンクGの傘下になりました。

✔ 電気駆動の四足ロボット「スポット」や、完全人型ロボットの「アトラス」を開発。

アロハ父さん
アロハ父さん

スポットは、1台当たり800万円で販売されており、幅広い用途での活躍が間近です!

✔ 2020年12月、2021年6月までに株式の80%を韓国の現代自動車に売却されることが決定。
 (ソフトバンクGは株式の約20%の保有を維持)。

Armもそうですが、ソフトバンクとは得意な分野が異なるので、オペレーティングはシナジーの出やすい会社に任せて成長してもらい、SBGは投資に専念するほうが望ましいのだと思います。

アロハ父さん
アロハ父さん

とはいえ、ソフトバンクGが20%の株式を保有し続けるという判断は、個人的にはうれしいです。

スポンサーリンク

【ボストン・ダイナミクスのロボット】スポットとアトラスの脚がスゴい!

ロボットと言っても、色々な種類があります(以下、総務省の資料参照)。

産業用ロボットは、主に工場で決められた作業を行うイメージですね。

ボストン・ダイナミクスのロボットは、サービスロボットの対象全般に使われると思います。

モアナ母さん
モアナ母さん

サービスロボットの応用範囲は、医療、災害対応など計り知れないね!

アロハ父さん
アロハ父さん

ポイントはロボットの脚の形状です。

ここで、ボストン・ダイナミクスの恐るべき動きを見てみましょう。

Future Robots – Boston Dynamics Robot Family Dance for New Year
モアナ母さん
モアナ母さん

ほとんど人間と変わらない動きだ(゚◇゚;)!!!

アロハ父さん
アロハ父さん

4本脚は「スポット」、2本脚の人型ロボットは「アトラス」という名前なんだけど、アトラスはバク宙もできるからね。。。

イーロン・マスクも「This is not CG!」と、驚きの声をあげています。

ボストン・ダイナミクスが脚式のロボットを作るに至った理由は、以下のように説明されています。

ボストンダイナミクスは、高度な機動性、器用さ、知性を備えたロボットの作成に重点を置いています。

一般的に「鈍い、汚い、危険な」と表現される仕事は、きちんと整理された工場のフロアだけはなく、自然界や既存のインフラストラクチャに存在します。

効果的に働くため、岩だらけの小道、階段、キャットウォーク、ドア、または狭い雑然とした通路を巧みに操る必要がありました。

人が行くところに行けるロボットを作りたかったのです。

アロハ父さん
アロハ父さん

人工的に作られた道路・工場だけでなく、自然の中で自由自在に動けるようにするには、タイヤ式ではなく、脚式のロボットである必要がありますね。

これにより、ボストン・ダイナミクスのロボットは、一般的な住環境、工場・プラントだけでなく、危険な山や汚染された廃棄場など、ほとんどの場所で自由自在に移動できます。

スポンサーリンク

【スポット】4本脚のロボット用途は幅広い

アロハ父さん
アロハ父さん

すでに商用化されているスポットですが、以下のように非常に幅広く活躍することが期待されています。

アロハ父さん
アロハ父さん

人間が常駐できない場所や、遠隔地への出張サービスなどで活躍できますね。

非常に価値のある製品だと思います。

スポンサーリンク

【アトラス】人間並みの動きが可能、AIによって活躍の場は無限大

スポットだけでもスゴいのですが・・・

アトラスは、2本足・2本の手を持っており、人間と同じ動きが可能なロボットです。

AIを組み合わせることで、活躍の場は無限大になると言えるでしょう。

多くのインプットをおこなったアトラスが、

モノを認識し、

それが何なのか理解し

ただしいアクションを人間と同じように行えることになると思います。

アロハ父さん
アロハ父さん

たとえば、雪山で手足のある物体が孤立していたら、
・人間が(認識)
・遭難しているので(理解)
・助ける(ただしいアクション)
という行動を取るのだと思います。

自衛隊の強力な助っ人ですね。しかも疲れることを知らない!

AIにより人類の可能性は広がっていきますが、ボストン・ダイナミクスのロボットは、脚によって動きを実現できる、という点において、非常に価値のあるサービスを提供できると言えます。

そして、この世界No.1の技術により、製品そのものが市場おいて大きな競争優位性を有していると思います。

モアナ母さん
モアナ母さん

たしかに、人並みの動きをするロボットは、他では見たことないよね。

スポンサーリンク

おまけ

パロディになりますが、ボストンダイナミクスのロボットが、いじめに遭っている動画を紹介します。
そして、そのロボットが感情を持っているとどうなるか・・・

New Robot Makes Soldiers Obsolete (Corridor Digital)

少し恐いですが、ボストン・ダイナミクスの技術力の高さを証明していますね。

AIを搭載した高度な頭脳を持つ、強いロボットが人々の生活の中に入ってくるのは非常に心強く思います。

それでは、アロハ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました