私がソフトバンクグループ(SBG)に投資する理由

ソフトバンクグループ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、アロハ父さんです。

SBGの株価下落が止まりません。

世間では、

「ソフトバンクグループは倒産する」
「孫正義は詐欺師だ」

という声も増えています。

本当にそうでしょうか?

私はそう思いません。

今回は、SBGホルダーの方に向けて、なぜSBGに投資をしているのか、を改めて考えてもらいたいと思い、私がSBGに投資する理由をツラツラと書きます。

SBGに投資する理由は人それぞれだと思いますので、ご参考程度に。

スポンサーリンク

私がSBGに投資する理由

結論は、孫さんを大変尊敬しているからです。

世間の人とは逆ですね。

孫さんを尊敬する理由

孫さんを尊敬する理由は、本気で世界トップを獲りにいっている、という点です。

SBGは、孫さん自らが起業し、一代で時価総額10兆円を超える大会社に育てました。

そして、ようやく本当に世界のトップを獲りに行く、という段階です。
問題となっているSVFの群戦略は最近できたものではありません。
ずっと前から計画していたことです。

自分の会社のトップを想像してみてください。

創業者ならまだしも、サラリーマン社長が会社を心の底から愛せるでしょうか?

私の会社は、年間売上が3兆円を超える大企業になります。
キャッシュも十分あり、倒産のリスクは現時点ほとんどありません。

しかし、トップから発せられるビジョンや経営計画などからは、孫さんのように圧倒的な世界トップを目指しているとは到底思えず、何とか次に(できれば上手く)バトンを繋いでいきたい、という思いが強いように感じます。

そして、(株主への配慮からか)短期的な利益目標を達成することに意識が強すぎて、自ら安易に製品価格を下げるなど、身を削る始末。

このような会社は実は多いのではないでしょうか?

孫さんはそんなこと関係ないです、ずっと先を見てます。

普通にやってて世界のトップを獲れるのか?

世界のトップを獲る、というのは並大抵のことではないです。
この最終目標を達成するためには、生半可なやり方では到達できないのは、私には容易に想像できます。

戦争をやっているようなものです。
その中では、戦術なんていくらでも変えるべきだし、時には逃げる必要だってある。

一度、コミットしたことだって市場の変化に対応して変える必要もある
(もちろん法を破ってはいけませんし、必要なら仁義は通す必要がある)。

サッカーの試合をしていて、右サイドを攻められているのに、誰かに約束したからといって左サイドを重点的に守っているバカがどこにいるんですか?ということです。

戦術を臨機応変に変更するのは、やるべきことだと思います。

「情報革命で人々を幸せにする」「そのために世界のトップを獲る」
それ以下の事は、ただの手段でしかないということだと思っています。

世間に理解されずに批判されることは今後もたくさんあると思いますが、これからも、どんどんチャレンジしてほしいと思います。

少なくとも私は孫さんのように命をかけて仕事をしていません。
絶対にあそこまで出来ないです。
だから孫さんと同じ船に乗って、世界トップの景色を見たいと思って投資をしています。

モアナ母さん
モアナ母さん

ちょっと、飲み過ぎよ!!

アロハ父さん
アロハ父さん

ん!
あ、ごめんなさい。

スポンサーリンク

孫さんのことを知りたければ、「孫の二乗の兵法」を見よう

アロハ父さん
アロハ父さん

2010年に撮影された2時間半近い動画ですが、SBGホルダーの方は一度は見ておくのをオススメします。

孫さんが考案したSBGの経営指針を25文字で表したのが「孫の二乗の兵法」です。

SBGホルダーであることを不安に感じる人には、特に以下のところを見るだけでも オススメです。
「七」・・・54分~
「一」・・・1時間13分20秒~
「守」・・・1時間39分~
「群」・・・1時間46分~

ソフトバンクアカデミア開校式 特別講義「孫の二乗の兵法」
アロハ父さん
アロハ父さん

キャッシュフローは当時と言っていることとが違いますけどね。
まぁ状況が変化したのでしょう。

日本にも優秀な経営者はたくさんいるかもしれませんが、孫さんは次元が違うと思います。目指しているモノが違うので。

GAFAに本気で勝とうとしている会社は、日本にはSBG以外にないと感じています。

私は応援していきたいです。

それでは、アロハ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました