資産運用の方針、各論の解説(年表編)

その他
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!モアナ母さんです!

マハロ家は、お金と時間に縛られないFIREの状態になるために、2億円の試算を最短で築くことを目標とし、質素倹約、②株式投資の両輪でそれを実現したいと思っています。
資産運用の方針ページ参照:https://alohadad.com/about-us/

資産形成イメージの年表はこちらの通りです!

数字がごちゃごちゃと並んでいますが、実はとてもシンプルで収入と支出と運用貯蓄資金の3つで構成されていて、それらの変動から、「総資産額」がどのように増えていくかを示しています。

スポンサーリンク

将来の資産を予想

マハロ家では、毎年の収入から支出を引いた家族資金を、(1)インデックス投資運用(65%)と(2)現金貯蓄(35%)に分けて運用貯蓄する予定です。(表中ピンクと緑色の部分)

また、これまで現金で所持していた2500万円のうち、(3)1000万円は現金として所持し、(4)1500万円は個別株メインの株式投資する予定です。(表中黄色と青色の部分)

インデックスと個別株、どちらも年率利回り3%で計算しており、かなりコンサバに試算しています。

投資の戦略やここの株式投資のポイントについてはアロハ父さんの 資産運用の方針ページ https://alohadad.com/about-us/を参照してください。

総資産額(赤字)の合計((1)+(2)+(3)+(4))がどのように増えていくかを見ていくと、2019年の時点で3200万円の資産が、2031年に1億円を超えてくることが予想できます。あと11年です!

収入や支出の詳細については今後の記事を楽しみにしてください。

モアナ母さん
モアナ母さん

若いほど、余剰資金を投資に回していくのがスマート!
詳細は今後のアロハ父さんのブログ(複利の力)でを読んでね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました