【ソフトバンク投資先】製薬ベンチャーのロイバント・サイエンシズ

ヘルスケア
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、モアナ母さんです。

モアナ母さん
モアナ母さん

我が家は、将来有望なAIカンパニーへの投資会社「ソフトバンクG」の株を2000株保有しています。

世界最先端のビジネスモデルを勉強するための、ソフトバンクビジョンファンドシリーズ。

11社目は、製薬ベンチャーのロイバント・サイエンシズを紹介します。

最近のトピックスとしては、Montes Archimedes Acquisition Corp. (MAAC)が合併し、バイオファーマとヘルス・テクノロジーのリーダーとしての上場がニュースになりました。

この取引により、最大6億1,100万ドルの総収入が得られ、創薬および開発プログラムに充当される予定です。1)

モアナ母さん
モアナ母さん

2021年第3四半期に予定されている企業結合の完了後にNASDAQに上場ということで、楽しみですね♪

スポンサーリンク

【ロイバント・サイエンシズの基本情報】

企業名Roivant Sciences ($ROIV) ※2021年第3四半期に予定されている企業結合の完了後
事業内容製薬ベンチャー(バイオテック)
創業2014年、Vivek Ramaswamy氏によってニューヨークで創立(→2016年にスイスの
CEOVivek Ramaswamy(創業者兼)
従業員ファミリー企業全体で800人以上
SVF出資額11億ドル(2017年)
評価額73億ドル (Forbes, May3,2021)

ロイバント社の使命は、バイオファーマ会社である「Vant」を複数設立し、他社が創薬化できなかった薬に対して、別のアプローチで開発を進め、医薬品とテクノロジーひいてはヘルスケアを患者さんに提供することです。

この会社も、注目すべきは、創業者であるラマスワミ氏の経歴。

【ラマスワミー氏、ビジネスモデルの構築まで】
米ハーバード大で分子生物学を学んだ後、バイオテックにフォーカスした金融ビジネスの道へ。そのとき、どんなに有効性に高い可能性のある化合物でも、製薬化の壁は高く、莫大な資金と時間をかけても、製薬開発が成功しないことを経験。そこで、他の企業が中断してしまった開発について、中途のデータを活用して途中から切り込むことを検討した。このアイディアは、「特定の薬に特化したチーム“vant”が、各薬の開発を担う」、という今のビジネスモデルの基盤となっています。

スポンサーリンク

【ロイバント社のビジネス】製薬会社の弱点をついた戦略的かつAI活用モデル

「ハブアンドスポークモデル」を活用した独特の製薬ベンチャー

ロイバント社のビジネスモデルは、ほかの製薬企業が戦略的な理由で治験を断念、あるいは重点開発領域から外したような開品を発掘し、安価で開発・販売権利を譲り受け、最適な治験方法を生み出し、市場に出すというものです。

モアナ母さん
モアナ母さん

創薬には膨大なコスト(薬2800億円)と時間がかかるのに、90%の臨床試験が失敗に終わってしまうんだって。2)

有効性・安全性とは関係ない、戦略的理由でたなざらしになっている新薬候補を持つ企業にロイヤリティーを払い、ロイバント社のパイプライン(14領域で45を超える化合物)で開発を行います

パイプラインには、複数の完全所有または過半数所有の子会社(Vants)を含む企業ファミリーが存在し、それぞれが異なる疾患領域や、医薬品の開発・商業化のプロセスをサポートする技術に焦点を当てています

                                      参照元:参考文献3)

研究開発において、いわゆる「ハブ&スポーク」モデルを採用しており、各バイオ医薬品子会社(=スポーク)は、親会社「Roivant(=ハブ)」と、「Datavant(=データサイエンスに焦点を当てたテクノロジーベースの子会社)」からの共有リソースを利用して、独立した事業体として機能しています。3)

モアナ母さん
モアナ母さん

Vantsは、小さな組織単位で専門に特化しているので、効率的で迅速な開発を行えるんですね。このビジネスモデルは、他に類をみない新しい研究体制の形だと思います。

各子会社のトップに製薬業界での経験が豊富な人材を招いているところも、大きな強みです。

「Myobvant(婦人科疾患)」のリン・シーリーCEOは、米メディベーションで前立腺がん治療薬「XTANDI」の開発を率いた人物ですし、「Altavant(呼吸器疾患領域)」のビル・シモンズ氏がCEOは、米ギリアド・サイエンシズでC型肝炎治療薬「ソバルディ」「ハーボニー」の開発を手掛けました。

アロハ父さん
アロハ父さん

ビジネスモデルがすごく優れたモノであることはわかった。AIをどうやって活用しているのか気になるね。

点在している医薬品データの分析にAIを活用したDatavant(子会社)と連携

ロイバント社は、AIを採用して臨床試験プロセスを改善することに注力する子会社Datavant(データヴァント)を設立しています。

大手製薬会社、大学、病院、規制機関、CROなどでサイロ化されている、バイオ医薬品のデータ分析にAIを活用することで、医薬品を開発することがより早く、低コストで実現できると考えられています。

モアナ母さん
モアナ母さん

独自のビジネスモデルとテクノロジーの両輪がスピーディーな製薬開発になっているんだと思う!

スポンサーリンク

【ロイバント社の将来性】過去の実績から今後の伸びに期待

2014年の設立以来、ロイバント社は幅広い疾患領域で40種類以上の医薬品を開発に投入してきました。

ロイバント社が構築した企業は、8回連続でポジティブなフェーズ3試験を実施し、これまでに2つのFDA承認を得ています。

たとえば、もともと武田薬品工業が開発を手掛けた薬「レルゴリクス」のライセンス権を付与された、Myovant社は、進行性前立腺がんを適応症としてFDAに承認されました。

ちなみに前立腺がんは、米国で男性が罹患するがんとして2番目に多く、300万人が罹患する、死因の第2位の疾患です。

 またレルゴリクスは、子宮筋腫や子宮内膜症の痛み軽減としても効果があり、そちらのFDA申請も昨年行われています。

ロイバント社に対する他社からの期待は大きく、大日本住友製薬は、2019年、Myovant社など子会社5社の株式取得やロイバント社の株式の10%以上の取得、ヘルスケアテクノロジープラットフォームの技術利用など、ロイバント社との戦略提携に大きく舵を切りました

モアナ母さん
モアナ母さん

大日本住友製薬も、売上の4割(1900億円)を占める頼み綱「ラツーダ」の特許が2023年に切れる前に、3200億円という多額の資金投入を行ったと言われてますね。5)

世界医薬品市場の2021年~25年までの年平均成長率は3~6%。金額ベースで1兆6000億ドル(約173兆円)市場規模に達すると予想されています。6)

脳神経や腫瘍など、有効な治療が確立されていない領域が多い中、ロイバント社が注力する、 “unmet medical needs”(まだ満たされていない医療ニーズ; 遺伝子治療、脳神経、皮膚など複数の疾患領域)の開発が待たれています。

スポンサーリンク

【ロイバント社の課題】

全ての事例がうまくいっているわけではなく、脳疾患領域を担当するAxovant(2015年にIPO)は、当時アルツハイマー病の新薬候補開発で期待を集めましたが、市場には出せず、2018年に研究開発を中断しました。

モアナ母さん
モアナ母さん

もともと、90%の臨床試験が失敗に終わってしまうことを考えると、ある確率では失敗もあるよね。

スポンサーリンク

【ロイバント・サイエンシズ】まとめと所感

本日取り上げた、ロイバント・サイエンシズは、独自のビジネスモデルを持つ製薬会社でした。

製薬に関するデータがサイロ化されていたり、臨床試験の最後のところで開発が中断したりする現実を初めて知りました。

プラットフォーム×データサイエンスを活かした独創的アイディアと、最もネックである時間とコストの削減のためにAIを巧みに利用した戦略的ビジネスモデルに、期待したいと思います!

アロハ~♪

参考文献

  1. “Roivant Sciences and Montes Archimedes Acquisition Corp. (MAAC) to Combine and Create Publicly Traded Leader in Biopharma and Health Technology.”, May 03, 2021.
  2. 「ロイバント・サイエンシズは、失敗した薬で儲けられるのか」、2018年7月26日、ビジネス+IT。
  3. “ロイバントサイエンシズ: 将来の大企業のあるべき姿を新しく定義する”、 スイス・グローバル・エンタープライズ,Dec 11,2020.
    https://www.s-ge.com/ja/article/chenggongtan/20192-chenggongtan-roihanto
  4. Mellissa Fasbender, “Datavant looks to make clinical trials smarter with artificial intelligence”, Sep20, 2017.
    https://www.outsourcing-pharma.com/Article/2017/09/21/Datavant-looks-to-improve-clinical-trials-with-AI
  5. 「大日本住友が3200億円を投じて提携するロイバントとはどんな会社か」.AnswersNews. Sep 17,2019. https://answers.ten-navi.com/pharmanews/16908/
  6. IQVIA 2025年までの世界医薬品市場 日本が主要国で唯一マイナス成長 年平均成長率「-2~1%」, ミクスOnline. May10,2021< https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=71064#:~:text=%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE2021,%E7%AC%AC2%E4%BD%8D%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%80%82>

コメント

タイトルとURLをコピーしました