「孫の二乗の兵法」でソフトバンクグループの経営を理解する

孫正義
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、アロハ父さんです。

「SBGの孫さんって、どんな人なんだろう?」
「孫さんの経営戦略ってどんなものなんだろう?」

という疑問をお持ちの方はいますか?

私の尊敬する孫さんの経営指針を学んできたので、複数回にわけて内容を紹介します。

この内容は「ソフトバンクアカデミア」というSBG内の学校での講義された「孫の二乗の兵法」になります。

アロハ父さん
アロハ父さん

ソフトバンクグループのHPで動画公開されてるよ(2010年)

講義は約2時間半と長いですが、非常に濃密です。
(私は感銘を受けすぎて、動画を2回も見ました)

モアナ母さんにも口頭で

アロハ父さん
アロハ父さん

孫の二乗の兵法、凄いよ!

と興奮気味に語ったのですが、全然伝わらなかったので、ブログに残したいと思います。

スポンサーリンク

孫の二乗の兵法とは

「孫子の言葉」と「孫さん独自の言葉」を重ねた25文字で表される経営指針です。

戦いに勝つための条件が書かれた「孫子の兵法」は、ご存じの方も多いと思います。

孫さんは孫子の兵法に関する本を何十冊も読み、さらに「自分ならこうする」という文字を追加して、25文字の文字盤で表される経営指針を作りました。

孫社長
孫社長

私が20代で考えたものだよ

個人的には、いままで読んだどの経営哲学書よりも優れていると感じました。
また、こんなものを20歳代で考える孫さんは、日本のあらゆる経営者とは一線を画すと思っています。

スポンサーリンク

25文字の概要

それでは25文字について紹介していきます。

上から重要な順に並んでいます。

1行目、4行目、5行目(4文字目まで)は孫子の言葉、残りは孫さんのオリジナルになります。

孫さんは、これらを「25文字の成功要因」と言っており、何か重要な判断をする際はこれらに則るとのことです。

孫さんは「孫の二乗の兵法」について、以下のことも語っていました。

✔ 私も道半ばであり、一生かけて極めていく永遠のテーマである
✔ 企業経営だけでなく、大学学長や、首相・大統領など国トップの人間にも通じる話
✔ 言葉だけでなく、実践できて初めて本物のリーダー(私の後継者)になれる

アロハ父さん
アロハ父さん

他の日本の経営者がこんなことをやっているとは想像できない。
これは伝説に残る人だ。。。

理念:戦いに勝つための条件
道・天・地・将・法

ビジョン:リーダーが持つべき智
頂・情・略・七・闘

戦略:第一人者たらんとする者の闘い方
一・流・攻・守・罪

将の心構え:リーダーとしての心得
智・信・仁・勇・源

戦術:戦いのやり方
風・林・火・山・海

詳細は上記の各ページにて確認してみてください!

アロハ父さん
アロハ父さん

私は会社の仕事で、常に「孫の二乗の兵法」を意識するようになりました。
孫の二乗を意識するだけで、会社の中では格段にレベルが上がるでしょう。

それでは、アロハ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました