【教育】子どもを経済的に自立させるには?となりの億万長者を解説

お金の教育
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、モアナ母さんです。

突然ですが、アメリカでベストセラーとなった『となりの億万長者~成功を生む7つの法則~』を読んだことはありますか?

子どものお金の教育について迷っている

子どもを経済的に自立させたい

と思っている方、子どものお金の教育について一緒に考えませんか?

なお、この本をまだ読んだことのない方は、人生のバイブルになり得る本なので、ぜひ一度読んでみることをおすすめします。

意外かもしれませんが、この本では、「倹約」の重要性を主張しています。

子どもが経済的に自立するために、

倹約する親の姿をしっかりと見せ、親を頼らないこと」

それによって子どもは、自分で資産を築いていくことの必要性に気づくことができる

と考えています。

スポンサーリンク

億万長者はとにかく倹約している

お金持ちと聞くと、高級住宅街に豪邸を構え、高級車を乗り回して連日の高級料理、とイメージしてしませんか?

この本に登場する億万長者たち(世帯純資産100万ドル以上=日本円約1.1億円以上)のほとんどは、「見た目も中身も普通」です。

彼らは収入よりはるかに低い支出で生活しています。

下町のありふれた家に住み、安物のスーツを着て、頑丈だが燃費のいい車を乗り潰します。

そして、億万長者たちのほとんどは一代で財産を築き上げています

親からの援助なしに。

どうしたら、それが実現できるのでしょうか?

スポンサーリンク

子どもを経済的に自立させるためには?

経済的援助を与えれば与えるほど子供は資産を蓄えず、援助が少なければ少ないほど資産を築くようになる

親は餌を与える存在ではなく、 魚を釣る方法を教えてあげる存在と認識することが、まず重要です。

この本でポイントとなる箇所を5つ抜粋し、夫婦でも議論しました。

  1. 子どもに両親が金持ちだと絶対に教えない
  2. どんなに金があろうと、子どもには倹約とけじめを教える
  3. 子どもが成人して自己管理ができるようになり、仕事を持ち、安定した生活を送るようになるまで親が金持ちだと気付かせてはいけない
  4. 成功をもので測るのではなく、何を達成したかで測るように教育する
  5. お金よりも大切なものがあることを教える

ひとつずつ解説し、考えていきましょう。

子どもに両親が金持ちだと絶対に教えない

この本には、

収入が高くても、「蓄財」を苦手とする親の子どもは、「うちはお金持ちだから」と親がいつも示しているから・・・親が世間体を気にして見栄を張り、高価なものを身につけ、金のかかる生活を送っていれば、子ども達が真似をしようとするのも当然のことだ。

だと書かれています。

モアナ母さん
モアナ母さん

子どもにお金をかける親は多いよね。ブランド服を着せたり、高いおもちゃを買ったり。

アロハ父さん
アロハ父さん

無意識に子どもは「親はお金を持っている」「親が買ってくれる」と思ってしまうね 。

モアナ母さん
モアナ母さん

まずは親が、 見栄や世間体を気にせずに、「倹約生活」を意識しないとね。

どんなに金があろうと、子どもには倹約とけじめを教える

親が無駄のない節度ある生活を率先してお手本を示すのが重要。「親の言うこととやることが違っていれば、子どもは言うことを聞きません。子どもはそういうところにめざといですから。」
モアナ母さん
モアナ母さん

子どもにお金がないと言いながら、親が浪費していたら、確かに示しがつかないね。

アロハ父さん
アロハ父さん

欲しいものを買うときは、「なぜ欲しいのか」「本当に買う価値があるのか」をそのたびに示して、お金に限りがあることを言い続けよう

モアナ母さん
モアナ母さん

何か買ってあげるときは、 それ相応の理由をしっかり伝えるようにしよう。 ボーナスが出たからとかではなく、ね。

子どもが成人して自己管理ができるようになり、仕事を持ち、安定した生活を送るようになるまで親が金持ちだと気付かせてはいけない

億万長者は、「決まったお小遣い以外に子どもにお金を上げたことはない。大きくなった今もお金はあげない」。「何か高額なものを買おうとしたら、まず自分である程度のお金を貯めてからにしなさい。」
モアナ母さん
モアナ母さん

親がお金持ちだと思っていると、すぐに頼ってしまうのは容易に想像ができるな。

アロハ父さん
アロハ父さん

子どもが困っていたら「少しくらい…」とあげてしまいそうだけど、一度それを知ってしまうと、次から次へと、キリがなくなりそう。

モアナ母さん
モアナ母さん

親に依存し続けると、自分で資産を作らなくなってしまうもんね。それこそ、子どものためにならない。

アロハ父さん
アロハ父さん

やっぱり早いうちから「親はお金がないから頼れない」「自分の力でお金を貯めて増やさないといけない」ということを身につけるように教育していかないとだね。

成功をもので測るのではなく、何を達成したかで測るように教育する

何を持っているかで私は人を判断しない。何を成し遂げたかの方がよっぽど重要だ。・・・お金を追いかけてはいけない。自分の専門でしっかりやっていれば、お金の方からやってくるものさ。」
モアナ母さん
モアナ母さん

お金の教育というよりも、その上位の人生における教育ね。

アロハ父さん
アロハ父さん

お金に執着して働くよりも、本当に本人が「好きで、社会貢献できている」と実感できる仕事をして欲しいな。

モアナ母さん
モアナ母さん

「お金のために働かない」ようにするためにも、早くから資産形成させなきゃね。

お金よりも大切なものがあることを教える

健康、長寿、楽しい生活、愛する家族、自立心、よい友だち。そういうものの方がお金よりもずっと大切だ。まわりの人から良い評判を得て、尊敬を集め、誠実に、正直に生きる。そして何かをやり遂げたという自身を持てたら、黙っていても金持ちになれるさ。
逆境は避けられない。人生には、いいときも悪いときもある。子どもをかばおうと思っても無理だ。小さいときから障害を乗り越えて自分で道を切り開いてきた人だけが成功する。・・・社会の荒波から子どもを守ろうとしても、子どもが心配、不安を持たずにすむことは決してない。守ろうとすれば依存心を植え付けてしまうだけだ。
モアナ母さん
モアナ母さん

子どもには、本当に幸せな人生を送って欲しい!自分の人生を自分で決める」という観点でも、親への依存心を解き放たないとだめね。

スポンサーリンク

結論

繰り返しますが、

経済的援助を与えれば与えるほど子供は資産を蓄えず、援助が少なければ少ないほど資産を築くようになる
モアナ母さん
モアナ母さん

贅沢=幸せとは限らない。むしろ、倹約すること自体が幸せに感じてくるのがこの本の教訓だと思っています。

まずは、 倹約する親の姿をしっかりと見せ、親を頼りにしない!

それによって自分で資産形成をしていく自立心を育てたいと思っています。

資産形成の大切さ、投資も含めたお金の教育については、これからも考えていきます。
ご意見お待ちしています。

それでは、アロハ~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました