【子どもの資産運用】米国S&P500への投資がおすすめ!

子供の資産運用
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、アロハ父さんです。

「子どもの資産運用を開始しようと思うけど、何に投資したらよいの?」

という疑問をお持ちの方に向けて、おすすめの投資先をご紹介します。

私たちの子どもの資産運用をSBI証券で開始したところであり、今回ご紹介する投資先を選んでいます。

この運用先で25年間運用すると、投入金額の8倍以上に増えることが期待されます。

子どもの頃から長期で運用すれば、安全かつ合理的に資産を形成できる投資先なので、ぜひ検討してみてください。

スポンサーリンク

【子どもの資産運用】米国S&P500への投資がおすすめ!

結論として、おすすめの投資先はS&P500指数に連動するETFもしくはインデックスファンドになります。

S&P500とは

S&P 500は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数のことです。

米国の証券取引所に上場している銘柄のうち、代表的な500銘柄の株価を元に算出されます。

アロハ父さん
アロハ父さん

米国は世界経済の中心なので、世界の優良企業の500社ともいえるね。

モアナ母さん
モアナ母さん

S&P500に投資するというのは、世界の優良企業500社を丸ごと買う、ということね!

アロハ父さん
アロハ父さん

日本ではなく世界規模の投資といえるね。S&P500が優れているのは、業績が悪くなった企業はS&P500から外され、代わりに伸びている企業が入る。つまり常に世界の優良企業に投資できるということだね。

S&P500の代表的な銘柄は?

銘柄比率
Apple4.57
Microsoft4.48
Amazon2.87
Facebook1.84
JPモルガン1.61
バークシャー・ハサウェイ1.60
Alphabet C (=Google議決権なし)1.50
Alphabet A (=Google議決権あり)1.49
Jonson & Jonson1.43
VISA1.20
モアナ母さん
モアナ母さん

ほとんどの会社名を聞いたことがある!

アロハ父さん
アロハ父さん

こんな会社に一気に投資できるのがS&P500に連動する商品です。世界一流の投資家と遜色ない成績を出せそうでしょ?

S&P500に投資すると資産は増えるの?

基本的には右肩上がりとお分かりいただけると思います。

リーマンショック後の2010年に投資していれば、10年間で3倍の資産になっています。

モアナ母さん
モアナ母さん

でもITバブルとかリーマンショックで暴落したら、資産を失ってしまうのでは?

アロハ父さん
アロハ父さん

一時的にはね。ここで重要なのは、下がってしまったからといって売らずに、保有継続することなんだ。

スポンサーリンク

25年間保有すれば、資産は最低でも8.9倍になる(過去実績)

下記は、S&P500に投資した場合に、投資を開始した年に対して、資産がどのくらい増えたかを表している、過去のデータです(「株太郎の米国株全力長期投資ブログ」より)。
(※ 一括投資の場合。積立の場合は、別途記事にします。)

投資を開始した年25年後に資産が何倍になったか?
1970年17.88倍
1971年19.21倍
1972年21.62倍
1973年32.39倍
1974年53.3倍
1975年35.34倍
1976年25.16倍
1977年21.14倍
1978年25.56倍
1979年23.86倍
1980年18.93倍
1981年23.01倍
1982年19.97倍
1983年10.27倍
1984年12.25倍
1985年10.69倍
1986年9.19倍
1987年10.13倍
1988年11.51倍
1989年9.94倍
1990年10.39倍
1991年8.91倍
アロハ父さん
アロハ父さん

大暴落があっても25年あれば大きく増えている。
どのタイミングで買っても、最低でも8.9倍になっているのは驚きだね。

モアナ母さん
モアナ母さん

多い時なんて50倍を超えてる!
暴落がなくてバブルがあると、こんなことになるのね。

アロハ父さん
アロハ父さん

まぁ、さすがにこれは運が良いのかな。
市場の景気後退は必ず起こるからね。

スポンサーリンク

まとめ

子どもの資産運用としておすすめのS&P500について、紹介しました。

私たちも、このS&P500を選んで愚直に投資をしていきます。

次回は、具体的に買う手順を、説明します。

それではアロハ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました